個人の問題と企業の顧問弁護士を安心と信頼でお客様に応えます。離婚、相続、交通事故、借金等の相談は東京のMYパートナーズ法律事務所へ。

子どもの養育費

  • HOME »
  • 子どもの養育費

養育費は、子供を養育するのに必要な費用として、子供の生活レベルを負担義務者と同じレベルにするという観点から、

養育をしない者が養育している者に対して支払うものです。

養育費については、両当事者の収入の兼ね合いと子供の数で定まります。要は、配偶者の収入が多く、自らの収入が少ないほど養育費は多額になり、子供の数が多い方が多額になります。

家庭裁判所を通して手続きを取る場合、家庭裁判所に養育費の算定表というものがあり、特別な事情がない限り、養育費は、ほぼ算定表のとおりに決めら れます。ただし、高額な医療費、私立学校の学費、大学の学費などは、算定表上の養育費とは別個の請求ができます。なお、学費については、相手方が知らない ところで進学を決めたりすると、揉めますし、審判等でも認められなくなる可能性があるので、進学前に相手方と話合いをしておいた方がよいかと思います。

youikuhi2jpg

養育費についての算定表は公表されており、書籍、インターネット等で調べることができます。協議の際にも、算定表を一つの参考にして養育費を決めていきます。

養育費は、長期にわたり、月々支払いをさせるものであることから、支払の約束が守られないという事態もたびたび生じます。それゆえ、養育費を協議で決める場合も、公正証書化が望ましいです。

なお、離婚の際に養育費を定めていない場合でも、離婚後に調停で養育費を定めることが可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5615-2440 受付時間 平日AM10:00~PM7:00

PAGETOP

© 2017 MYパートナーズ法律事務所 All rights reserved.